酵素de美身 ダイエット 食べ物

痩せる食べ方



作って食べる裏技・いも類

ビタミンCと食物繊維が豊富ないも類をじょうずにとり入れる

いも類は腹持ちがよく、実はダイエットに合う食材。ビタミンCや食物繊維も豊富です。主食が控えめのときの副菜に、じょうずにとりいれましょう。ただし、油やマヨネーズと組み合わせるとカロリーオーバーになりがちです。フライドポテトより粉ふきいも、ポテトサラダより煮物がおすすめ。

○じゃがいも1個(100g)・・・・・・68kcal
○さつまいも中1本(250g)・・・・・297kcal
○里芋中1個(70g)・・・・・・・・・35kcal
○ポテトサラダ(じゃがいも110g)・・240kcal
○里芋の煮物(里芋150g)・・・・・・110kcal





作って食べる裏技・すし

手巻きずしは、少量のごはんと魚をレタスとのりで巻いて食べる

手巻きずしは、最初にサニーレタス、次にのりをおいて、すしめしを少々のせて魚を巻くと、カロリーも栄養もよくなります。セロリ、にんじん、きゅうりなどのスティック野菜サラダを添えると、さらにヘルシー。

「野菜たっぷり・ゴハン少なめ」




作って食べる裏技・とうふ

手軽に食べられる冷ややっこは、薬味のバリエで、あきない工夫を

とうふは低カロリー、高たんぱくで、毎日のおかずにぜひ取り入れたいすぐれもの。冷ややっこは、定番のねぎ、しょうが、けずり節のほか、大根おろし、オクラ、きざみのり、ごま、山芋のせん切り、キムチ、きゅうりとザーサイ+ごま油少々、塩+オリーブオイル少々など、薬味であきない工夫を。

○絹ごしとうふ2分の1丁(150g)・・・84kcal
○木綿2分の1丁(150g)・・・・・・・108kcal


主婦の友社
「食べやせ美人ダイエット ゆるコツ100」
今泉久美監督 より引用

 

サイトマップ

FX業者